これだけあれば大丈夫!出産準備グッズリスト(ママ編)

これだけあれば大丈夫!出産準備グッズリスト(ママ編)

ベビー編に引き続き、今回はママ向けの出産準備グッズリストです!
ママ編では入院グッズも含めて実際に使ったものだけでなく、準備したものの全く使わなかったグッズもあわせてご案内します!

>>これだけあれば大丈夫!出産準備グッズリスト(ベビー編)

ママ用準備アイテム

マタニティ専用用品

アイテム個数備考
カップ付きキャミソール4枚胸元が大きく開けられるもの
マタニティショーツ4枚お腹をすっぽり包むもの
妊娠帯2枚腹巻タイプのみでOK
マタニティタイツ4つ寒い時期は必須。3Coins(300円ショップ)で購入
抱き枕1つ抱きながら足にも挟めるぐらいの長さと硬さがあるもの
※授乳クッションと兼用でなくてOKです。

妊娠判明後にアンダーが調整できるマタニティブラをいくつか用意したのですが、悪阻時~お腹が大きくなる時期ともに付けると気持ち悪くなり、結局産後も使わなくなりました。

胸が垂れちゃうか心配だし~形が悪くなるのが気になるぅ~、ってのは妊娠初期だけ!

妊娠中期以降、出産直後や授乳中も“楽”こそ正義です!

妊娠帯は腹巻タイプとベルト調整タイプ(マジックテープ)の2種を準備しましたが、ベルトの方はトイレに行くたびに付けなおしが発生し面倒になりました。

そもそも欧米では妊娠帯をつける文化すらないので妊婦には不要なものなのですが、腹巻タイプであれば冷え防止&ほどよい締め付けで腰痛防止にもなりますのでおすすめです!

準備したけど不要だったもの

以下は出産準備として用意したものの、結局使わなかったアイテムです。

アイテム備考
マタニティパジャママタニティ専用でなくてOK大丈夫です。
サイズに余裕があり、おっぱいがすぐに出せれば何でも大丈夫でした。
産褥ショーツマタニティショーツ、生理ショーツがあればいらなかった
骨盤ベルト授乳中ははっきりいって邪魔。退院後に必要なら買えばよいかと。

妊娠線予防用品

アイテム備考
ニベア(青缶)通常よく見る青い缶
ホホバオイル無印良品

妊娠4か月ごろから毎日お風呂後「胸・お腹・脇腹・お尻」に、ホホバオイルを塗りこんでその上からニベアでカバー保湿しました。おかげで妊娠線は全くできませんでした!

使いかけですみません。。。

ホホバオイルは無印良品にて購入。大きいサイズで3か月ほど持ちます。
ニベアは大きなサイズ(169g)で4カ月持ちました。

出産後はベビーオイルとしても使っています(注:赤ちゃんへは必ず皮膚の柔らかい場所でパッチテストをしてからご使用ください)!

入院用品

入院用として新たに準備したものリストです。100円均で購入しました。
※入院準備チェックリストは別記事でまとめますのでお待ちください。

アイテム備考
ペットボトル用ストロー陣痛中に飲み物を飲むのに必須!
母乳パッド出始めると下着・パジャマが濡れるので念のため
ジップロックIKEAのものを大きさ違いで準備。何かと便利。

まとめ

ママ用で新たに必要なものはほとんどがマタニティ用品ですが、マタニティ専用でなくても全く問題なく乗り越えられるものが多かったです。

出産前は「授乳もできるマタニティ服」も必要かなと思っていたのですが、妊娠中はゆったりしたワンピース、産後はお腹周りがゴムのガウチョパンツと普通のTシャツという服装です。

現在も「授乳口があるトップス」は一つもありません。まくり上げておっぱいが出せれば大丈夫です。買わなくてよかったと思います!

むしろ育児がスタートしてからの方が何かとお金がかかります。先を見据えてマタニティ用品は無駄なものを買わずに節約しましょう!

妊娠・出産カテゴリの最新記事