生後4ヵ月のRSウイルス感染記録

生後4ヵ月のRSウイルス感染記録

先日、息子が生後4ヶ月でRSウイルスに感染しました。保育園へは通ってないため、感染経路は前週に便秘で行った小児科もしくは大人からと推測されます。

産後直後から「赤ちゃんは生後半年まではお母さんからもらった免疫があるから病気にならない」と周りからも言われていたので、正直、油断していました…。

息子の場合は幸い重篤化はしませんでしたが、月齢の低い赤ちゃんがRSウイルス陽性だったときに参考になるかと思い、あくまでうちの場合ですが感染初期の症状を含め記録しておきます。

RSウイルスとは

小児科からもらった資料によると、RSウイルスは秋から冬にかけて流行し気道に感染し、最初は軽い風邪症状だったのが、1~2日のうちに咳がひどくなり、月齢の低い赤ちゃんが感染すると気管支炎や細気管支炎になるやすく呼吸困難になることもあります。

大人や大きな子供も感染はしますが、風邪の症状だけで終わります。2歳までに必ず1回は感染し、何度も感染を繰り返すことで免疫力がついていきます。

またRSウイルスはお母さんからもらう生後半年までの免疫も効きません。

妊娠中は栄養摂取など注意していたはずが生まれてからは食事も適当に済ませていたので、自分が野菜などを積極的に取らなかったから赤ちゃんも免疫が低くなってしまったのかと自分を責めましたが、完全母乳でもそれは関係ないので安心しました(バランスの取れた食事は重要ですが)。

RS感染症かどうかはインフルエンザの時のように鼻水で検査できます。

とは言ってもRSウイルスに感染したからといって特効薬があるわけではありません。抗生物質も効きません。風邪同様に良くなるのを待つしかないんです。

小児科によっては「痰を切りやすくする」「鼻水を出やすくする(詰まらないように)」ような薬を処方してくれますので、これらを飲ませて悪化しないように看病してあげます。

感染初期症状

息子の場合、生後4ヶ月に入るころからヨダレの分泌が増え、たまに自分のヨダレでむせることがありました。

なので、たまに咳をするのは日常のことだったのですがその日は1時間に1回ほど咳をしていたんです。でも「1時間に1回」の咳が普通なのかそうではないのか判断はできませんでした(赤ちゃんは日々様子が変わるので)。

異変があったのはその日の真夜中の授乳時です。いつものように抱っこすると頭が異常に熱く、熱があるのが計らなくても分かりました。

計ってみると「38.3度」。平熱が37.2度前後なので明らかに発熱しています。

すぐさまスリーパーを脱がせてうちわで足もとをあおぎましたが再計測しても熱は下がっていませんでした。そこで、脱水症状にならないように授乳をしましたが片方だけ飲んで本人は寝始めました。

熱はありましたが、すでに3時を回っており呼吸が苦しそうだったりぐったりしている様子もなかったので明朝病院に連れていくことにしました。

次の日の朝、熱は一旦下がりましたが咳は前日よりも頻度が多くなっており鼻水も出始めました

小児科にてRSウイルス陽性

熱が下がったので、もう1日様子を見ようかと思ったのですが寝返りする度に鼻水がダラダラ出ていたので予定通り小児科に連れていくことにしました。

正直、、、熱がないことでまた油断してました。まあ、ちょっとした風邪だろうと。

風邪だと思っても、かかったのはたった4ヶ月の赤ちゃんです。おかしいなと思ったらちょっとしたことでも小児科連れていけば自分も安心できるのに…。本当にバカな母親です…。ごめんね、息子よ。

診察時に症状を伝えると「RSウイルスってご存じですか?元気そうではありますが、月齢も低いので検査させていただいてもよいでしょうか?」と先生に言われ、検査すると(15分程度で結果が分かります)「陽性」でした。

その時に初めて月齢の低い赤ちゃんが感染症にかかった場合、4割ほどの確率で重症化して入院することもあるということを知りました。

病院で鼻水を吸い取ってもらい、RSウイルスは鼻水や唾液に多く含まれているので、頻繁に鼻水を取ってあげることが完治への近道だと看護師さんに教えてもらいました。

今日よりも明日が悪化しているようならまたすぐに受診するように言われました。

RSウイルスの症状ピークは感染から3~7日なのでまだピークになる可能性もあり、突然重篤化することもゼロではないそうです。さすがにこの時点ではやばいことになったと感じていました。

ホームケア

前述したようにRSウイルスは特効薬はありませんので、ホームケアで良くなるよう看病してあげるしかありません。

主な症状は「痰がからむ咳」と「鼻水」でどちらも安眠を妨げる症状でしたので、痰の方は処方してもらった薬を飲ませて、鼻水の方はこまめに吸い取ってあげることにしました。

すぐさま以下の電動鼻水吸取器を購入し翌日には届きましたが、なぜ産後すぐに用意しておかなかったのかめちゃくちゃ後悔しました…。

一晩とは言え鼻水でほとんど寝れない息子を見ているのは本当に辛かったです

あまりに可哀そうだったので、最終手段の私の「口で鼻水を吸う」を実施した結果、見事に私も感染しいまだに咳が止まりません(´;ω;`) 電動でなくとも用意しておけばよかったなぁ。

メルシーポットのレビューを別記事にしていますのでよかったら見てみてくださいね。

鼻水を吸い取る頻度

電動鼻水吸取器を使ってしっかりと取ったとしても、しばらくするとすぐに鼻水が生産されます。

吸って、ノズルを洗って、乾ききらないうちにまた吸って・・・ピークの時は15分ごとに吸い取っていたと思います。

さすがにこれはやりすぎかな?と小児科の先生に確認すると「鼻血で出てるなどでなければ15分ごとでもOK」ということでした。むしろお母さんの負担でなければどんどんやってあげてほしいと。

今後、風邪を引いたという時でも鼻水が出始めた初期段階で吸い取りを始めれば治りも圧倒的に早いそうです。

吸い取り時はギャン泣きしますが、心を鬼にして赤ちゃんのためにやってあげましょう。

粉薬の飲ませかた

まだ離乳食も始まっていない乳幼児が粉薬を処方されるとは思ってもみませんでした。まあ、薬っていってもシロップかなぁっと。

世の中そんなに甘くない(シロップだけに)。4ヶ月だろうと効き目を考えたら粉薬一択なんでしょうね。

一番やってはいけないのが母乳、ミルク、おかゆなどの「主食」に混ぜて一緒に飲ませることです。

ミルクに混ぜてしまえば簡単じゃん!と思ったんですが、「主食」の味が変わることで「飲まなくなる(食べなくなる)」ことがあるとのことです。

飲ませる方法は「粉薬に少量の水を加えて団子状にし、内上あご(または内ほほ)にこすりつけ母乳orミルクor白湯で流し込む」です。

一番最初は団子状も分からないし、どの位置においてくればよいのかもわからず苦戦しました。以下の画像のように指に付けて取れないぐらいが団子状です。

水は足りなければ1滴づつ。あっという間にゆるくなりすぎます!

おっぱいもしくは哺乳瓶を赤ちゃんの目の前にスタンバイし、飲もうと口を開けたところで薬のついた指を「舌に触れないように」上方にこすりつけ、すぐさま母乳ORミルクで流し込みます。

指を入れた時に一瞬「オエッ」と吐き出そうとするかもしれませんが、吐き出す前に液体で飲み込ませます。タイミングがとても大事ですが、数回やればコツがつかめますよ!

家で気を付けること

悪化しているかどうかは以下のポイントが基準となります。症状が1つでも当てはまる場合は早めに再受診してください。

  • 熱が下がらない
  • 呼吸が苦しそう(息をするときに鼻の穴が膨らむ、胸がペコペコへこむ)
  • ゼーゼー、ヒューヒューと息をするときの音がひどくなる
  • 母乳・ミルクが飲めなくなる
  • 唇や鼻のまわりが青っぽくなる

RSウイルスは他人の鼻水や唾液からうつります。くしゃみや咳をしている子供や大人に赤ちゃんを近づかせない、風邪が流行している時期に人ごみに行かない、赤ちゃんに触る前には手を洗うなどで予防は可能です。

感染自体はまれではないとは言え、器官が未熟な月齢の低い赤ちゃんにとっては苦しい症状であることは確かなので、これからの時期で咳が出てるなと思ったらすぐに小児科に連れていってあげてくださいね!

子育てカテゴリの最新記事