鍋で炊飯歴10年の私が本気でオススメする『 ストウブ Wa-NABE(ワナベ) | 』

鍋で炊飯歴10年の私が本気でオススメする『 ストウブ Wa-NABE(ワナベ) | 』

我が家には炊飯器がありません。

結婚をする前、一人暮らしをしていたときに住んでいたアパートが1Kだったのですが、キッチン、、、というか、廊下の一部がキッチンみたいな配置で、2ドア冷蔵庫の上に電子レンジを置くほどモノを置くスペースがなく、そもそも自炊への興味もなかった(ん?)ので、炊飯器を購入しませんでした。

とはいうものの、日本人なのでたまには白い米が食べたい!と考え、最初は一般的な18cmの片手鍋でご飯を炊いてみました。

すると、、、なんということでしょう!!
そのご飯がめちゃめちゃ美味しかったんです。

しかも炊き方も超カンタン!

  • お米を洗う(無洗米ならそのままなのでさらに時短)
  • お米を米の1.2~1.5倍の水で浸水させる(夏:30分、冬:1時間)
    ※○合とかでなく、米の体積の1.2倍(少し柔らかめが好みなら1.5倍)です。
  • 蓋をして、中火~強火で沸騰するまで加熱
  • ボコボコしてきたら弱火にして10分
  • 火を消して10分蒸らしたら完成!

それからいろいろな鍋で炊飯をしてきた私が最高におすすめするのが、先日購入した『ストウブ Wa-NABE(ワナベ)』です。

炊飯専用の土鍋

最初に買ったのは炊飯専用の土鍋です。蓋が2重になっていて、吹きこぼれを防止できるものです。

片手鍋でも土鍋でも、鍋でご飯を炊くと吹きこぼれる確率が高く、それがガスコンロの故障にもつながります。ですので、値段は多少高くなっても二重蓋になっているものが良いです。

私はこのタイプの土鍋を3つ購入しました。

炊飯用土鍋のメリット

値段は大きさにもよりますが、安いものは2000円くらいからあります(有名な長谷園のかまどさんだと13000円程度しますが、、、)。

鍋炊きがどんなものか試してみたい方は安い土鍋を買ってみてください。それでも十分美味しいご飯が炊けます。美味しいごはんを炊飯器で炊こうとすると4~5万クラスになるので、特に一人暮らしの方には断然鍋炊きをおすすめします。

炊飯用土鍋のデメリット

土鍋なので、まあまあ重いです。我が家では2日分を炊飯して冷凍しておくので毎日炊飯をしているわけではないですが、洗うのが面倒ではあります。

そして、もちろん土鍋なので割れます。
洗っているときに二重蓋の内蓋だけが割れたこともあります。。。乱暴に扱ったつもりがなくても、土鍋にヒビが入っていたこともあり、3つ割れた(ヒビが入った)ところで、別の鍋に移行しようと考えました。

ストウブ ピコ・ココット ラウンド

次に買ったのは割れない鍋『ストウブ ピコ・ココット ラウンド』。炊飯用土鍋は炊飯でしか使えませんが、こちらは無水調理や揚げ物にも使えるオールマイティーな鍋です。

購入したサイズは18cmで2合程度の炊飯に適しています。3~4合炊くのであれば22cmが良いようです。

ストウブ ピコ・ココットのメリット

煮物やスープだけでなく、内側がザラザラしていて空焚きもOKなので、焼き芋、ローストビーフなども美味しく作ることができ、料理って以外に楽しいかも!と考え直したのがこの鍋を購入した一番のメリットです。

そして、もちろん、土鍋のように割れない!
土鍋炊飯時代のストレスがなくなったことも大きいですね。

前述したように我が家では炊飯が2日に1回なので、炊飯で使っていない時はおかずを作るためにピコ・ココットを使っていました。

ストウブ ピコ・ココットのデメリット

鉄の鋳物鍋ゆえに、重いです。そのため、力が強くない女性や高齢者にはおすすめできません。人によっては洗う時だけでなく、片付けるのも億劫になると思います。

もう一つがお値段です。

土鍋は数千円から買えましたが、ストウブのお鍋は1万円はしてしまいます。ただ、買ってしまえば簡単に壊れるものではないので、長いお付き合いができる鍋です(テフロン加工のように劣化もしません)。お手入れで気をつけるのは洗ったら水気をちゃんとふいてあげることだけです(鉄製なので)。

ストウブ Wa-NABE(ワナベ)

ピコ・ココットで炊飯をすること7年が経過。唯一不満だったのは、大きさです。

家族も増え、炊飯をする頻度が上がり、炊き込みご飯を作るとなった時に18cmでは容量不足になってしまい、それならばもう少し大きいストウブを買おうと考えました。

そして、調べているうちに、これは!!!と感じたのがWa-NABEです。

ワナベ ブラック L

Wa-NABE(ワナベ)はその名の通り、和食を作るのに適したシリーズです。

ストウブには炊飯用の「ラ・ココット de GOHAN」というシリーズもあるのですが、やはりいろいろな料理で使いたいので応用ができる鍋にしました。

ピコ・ココットラウンドと異なるのが、底が丸くなっているのと内部がつるつるしている箇所です(ピコ・ココットはストウブ独自のザラザラ加工)。

ワナベは鍋底からコンロの熱を対流させて均一に熱を通すため、コトコト煮る煮物も崩れにくく、炊飯にもぴったりです。また、底が丸いことで、ピコ・ココットよりも洗いやすいと感じました。

大きさはS/M/Lです。我が家では2~3合の炊き込みご飯が作れるようLサイズ(20cm)にしました。

容量重さ
Wa-NABE S(1~2人用)1.1 ㍑16 cm2.59 kg
Wa-NABE M(2~3人用)1.66 ㍑18 cm3.12 kg
Wa-NABE L(3~4人用)2.35 ㍑20 cm3.2 kg
各サイズのサイズ・容量

色は最後の最後までかなり悩みました。新色のカンパーニュがおしゃれでかわいい印象。

最終的に買ったブラックは無骨なイメージなのですが、昔ながらの釜っぽさがあり、黒だから焦げ付いても目立たないかなと思いかわいさより実用性を優先しました(笑)まあ、でも炊いたご飯を入れる「おひつ」のようでもあり、気に入ってます!

そして、炊飯以外に肉じゃがも作ってみましたが、それがまたすごく美味しい!底が丸いから最初に豚肉を炒める時も混ぜやすく、煮崩れしないのに全体に味がしっかりと行きわたっていました

うむー、これは煮物用にMサイズもほしいぞ・・・

ワナベの蓋裏
Wa-NABEの蓋裏

まとめ

高額な買い物になってしまいましたが、これからまた10年(大事にすればそれ以上!)使えると思えば、何度も鍋を買い換えるより経済的だと思います。

家具でも調理器具でも品質の良いものは長持ちしますもんね(若いころの自分に言ってあげたい)。

しかも、本当に炊飯だけでなく和食に向いている鍋なので、適当に余った野菜と鶏肉とクレイジーソルト入れるだけで(無水で)めちゃくちゃ美味しいおかずが出来上がってしまいます!

高額の炊飯器だって10年使えたとしても、だいぶ機能は落ちちゃいますし、そのころにはもっと高性能の炊飯器が売り出されてるのは間違いないですが、Wa-NABEならずっとずっと美味しいごはんを食べ続けることができます

ストウブの回し者のようになってしまいましたが、これから鍋炊飯を考えている方にはWa-NABEを強くおすすめしたいです!(あ、でも高齢者は、、、やっぱり安心感もある炊飯器かなぁ)

レビューカテゴリの最新記事